伊賀三上忍

服部半三保長

出身:伊賀国花垣村多野(伊賀西端)

別名:千賀地半三  号:浄閑

伊賀平内左衛門尉家長の直系の子孫であり、服部半蔵正成の父である。

伊賀においては家格からいって、藤林・百地の上に位すべき上忍であるが、余野に

小砦を残し、側近の郎党を連れて伊賀を出国した。

足利将軍家に仕えた後、三河の松平家に仕官した。家康側近の武将となり、石見守に

任官する。


保長は出国したとはいえ、依然として伊賀国内の忍者との間に連携を保って、彼らを

事あるごとに徳川家へ推挙し、国外における伊賀忍者の実質上の頭領上忍だった。



百地丹波

平安中期から伊賀国山田郡友生村喰代に城塞を築き、友生村一円を支配した豪族百地

氏の子孫で、戦国期には大和竜口・伊賀竜口に別砦を構え、広く南伊賀を地盤として、

南伊賀の豪族の顧問的地位にあった。



藤林長門

服部氏族の出で戦国中期から末期にかけ、伊賀国阿山郡鞆田村字本湯船(伊賀・甲賀

の境界上にあり、甲賀の名忍家・望月氏の所領と隣接する地点)の里に城塞を築き、

鞆田村一円の領主として、北伊賀に勢威を張っていた。

表面は地方の小土豪にすぎないが、実際は百地氏とならんで伊賀上忍の双璧だった。

伊賀・甲賀双方に多くの配下を持ち、その隠された諜・謀忍術組織は非情に大きなも

のだった。

主に、北伊賀の豪族の顧問的役割を果たす。


忍者

posted by yui at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊賀
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
忍者の里の〜伊賀流忍者店〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。